第10回スタバトマーテル編

スキップ (最新のページに移動します)

練習日:30年7月2日

こんにちは♪
もうこんばんは・・だわね♪
よろしくね♪

音楽室に入り
集まったみなさんと
当たり前のように挨拶を交わす

いつものお席
いつもの顔ぶれ

元気そうね
髪の毛・・長くなったわね
相変わらず手が冷たいのね
何気ない会話のひとつひとつが嬉しい

ゆり先生に促されて練習が始まる
1年に1度
10回の演奏会を目標に集まり練習をしていること
演奏するカトリック雪ノ下教会は
マリア様に捧げられた教会であること
その教会で演奏することの意義深さ

そして
祈りの演奏について
上手下手というような尺度を
超越した演奏の仕方があることをお聞きしながら

「宗教宗派に関係なく、上手下手に関係なく
 ただ神さまの前にひざまずくひとりの人間として
 一体となれますように」

かつての演奏会のプログラムに掲載された
ゆり先生の言葉を思い出しました

低い!
さがっている!
音として違っている!
当たり前のようにされるご注意も
なぜか嬉しい

練習はじめ
とりあえず全部を歌ってみてから元に戻って
1曲ずつ深めて行く事になり
1番・5番の途中から・8番までを練習する

私の大きな弱点のひとつ
口をひらくこと
しっかり開いているつもりでも開き足りない

ましてや
気が緩むと
バシッ!
ゆり先生のご注意が口で・・目で・・仕草で・・飛ぶ
ありがとうございます m(_ _)m
これさえも嬉しいできごとでした

練習が済んで外に出ると
むっ!とした空気

冷房の効いた部屋に長時間いても
寒さを感じない程に息が回っていた事が嬉しくて
いつもの町が広く感じました

みんな達
ありがとう♪

嬉しさ満載の時間に感謝


練習日:30年7月9日

夜の部のみなさん
夜の時間が刻々と迫る中をやりくりして集まります

約束の時間キッチリに始まる練習
どなたの時間も貴重な時間と認識して
貴重な時間を無駄に過ごさないというお気遣いです

いつもの発声練習
いつもの・・いつもの・・
いつもの・・を積み重ねることの大切さ

"出したい音にあった位置に指を移動させてから音を出す"と
ピアノを例にひいて
楽器である体
声を出す準備の大切さを説明していただく

上手くなるコツは
「何度も言われ続けることよ」と我慢強いゆり先生

忘れた!
出来ない!
よく分からない!と
安心して言える雰囲気が熟成されて行く

スタバトマーテルの練習に入って
構成の説明がある

5番までが状況描写
6番でイエス様が亡くなられ
7番から自らの信仰を高めたいとのこころの薫陶

ゆり先生からの説明を受けながら
信仰の意味を思いあぐねている私を感じます

信仰
私にとって、この捉えどころのないもの
この感覚的なもの
いつものように
信仰という言葉に迷っている私

練習は8番の信仰を強めてくださいからはじまる

♪Fac ut ardeatcormeum♪
日本語と二文字文化の言語との違い
体が負けると口が開かなくなること
体型が崩れると良い音がでなくなること
身をもって経験できるありがたさ

「みなさんのご迷惑になる
 みなさんに申し訳ない
 などと思うことはないのよ」

みんなどこかで迷惑をかけあっているんだからと
新人さんたちに語りかけるゆり先生

傍で聞いて
ホッとしている私

練習は
いつものように
感謝で始まり
感謝で終わりました

「急ぐ人は片付けなくて良いので
 早くお帰りなさい!」
ゆり先生の声を聞きながら
この時とばかりに椅子を片付ける私

おかげさまが重なった時間となりました。


練習日:30年7月16日

            「歌声にはその人の生きてきた全てが出る」
             ゆり先生の言葉に「えっ?」と返す私

            先生のお話しは私にとって意味不明なことが多く
            この日も思わず聞き返してしまいました

            その人の歩んできた全てと言っても
            お金持ちとかそういう事ではなく
            教養というのかしら
            ものの考え方や生きる姿勢と言ったもの

            ゆり先生の説明を受けながら
            ・・今更そう言われても
            過ぎた月日は取り戻せない

            教養豊かに生きてこなかったら
            どんなに練習を積んでも上手になれない?
            納得しかねる気持ちを持ったまま練習が始まりました

            歌うときの体の準備
            口の明け方と背筋の関係

            そして
            二文字文化圏の歌を歌うテクニックや
            浮く声について

            説明は多岐にわたり
            真剣になればなるほど
            私の歌い方はその場しのぎになり
            ご注意を受けては「あっ!いけない」を繰り返す

            何処がどう間違っているかが分からなければ
            できるようにならない
            だから注意する・・

            ゆり先生の先生は
            「違う!」とだけしか仰らなかったと
            それに比べたら私って親切でしょっ!
            笑いながらゆり先生

            「たくさんご注意を受けて
            どんどん上手になってね♪」
            帰り際にかけていただいたピアニスト先生の言葉が嬉しかった
                     
            人に恵まれた私を感じながらの家路
            心地よい海からの風

            肩がずぃ〜ん
            脱力が不足していたのね

            客観的に自分をみている私でした
            

練習日:30年7月23日

            跳躍の連続
            脱力!
            お口!
            相変わらず不出来な私にご注意の砲火

            先生のご注意に
            でも
            だってと屁理屈をつける私
            口答えをしながら嬉しかった

            ただ参加している事が喜びだった頃
            せめて言葉だけでもと・・うつむいていた私
            振り返って見た私と今の私

            私を注意しながら
            きっと先生も喜んでくださっていると確信する

            ご注意のほんの少しでもできるようになって
            先生のご恩に応えようと思うその思いが
            あだになる・・・このせつなさ
                        
            体がどんどん硬直していくのを感じる
            脱力しようと思っても体が反応してくれない

            「姿勢を良く!というのとは違う・・」
            ほら・・また意味不明が始まった

            意味不明でも大丈夫
            いつの日か分かるようになれる
            いつもの堂々巡りが心地よい

            練習は最後のアーメンまで進む
            「アーメン」言葉はこれだけ
            最後のアーメンだけ歌えればいいのよ
            こう言われて臨んだ練習の日々

            10回目の演奏会に向けて練習をしながら
            1回に2時間ずつ10日で20時間
            それが10回だから200時間
            計算する私

            同じ曲を200時間練習する
            深く
            より深く
            ラセン階段はぐるぐると回りながら進む

            幸せなときを
            こころ弾むときを
            共有できる仲間たちと一緒に

            しあわせな挑戦
            ありがたい月日
            もう一回でおしまいになると
            考えるのはやめておこう

            おしゃべりの輪から離れて帰る道々
            見上げれば端が欠けたお月さま

            月が満月になるように
            月が満ち欠けを繰り返しながら光るように
            限りある命を
            限りある私の時間を

            こうして過ごせることに感謝をしよう
            明日もまた
            感謝の日となるはず
            明日を夢見るよろこび

            みんなたち
            ありがとう

                        

練習日:30年8月6日

            熱帯夜といわれても夕方になると
            海からの風が心地よい

            練習前のお祈りをすっかり忘れていた事に気がつく
            プリントを見て祈りながら
            ご注意を忘れて文字を追っているだけの私

            子供達はすぐ覚えて・・わすれない!
            ゆり先生の言葉が耳に痛い

            祈りを忘れて歌うアーメン
            天使が歌うような声で
            天使の声が降り注ぐようなイメージで
            ゆり先生のご注意をイメージしてみる

            私のこの声をなんとかしなければ・・と思うその気持ちが
            焦りを呼ぶ

            隣から澄んだ声が聞こえる
            この声に近づいてみたい
            出せるはずのない音を探す

            「聞こえてきた声を真似てもダメ」
            私のこころの内を見透かしたような
            ゆり先生のご注意

            「出している声を自分では聞くことはできない」
            「聞こえてくる音と
             出している音とは違って聞こえる」
            ゆり先生のご注意は続く

            説明はよく分かる
            分かってもできない私がかなしい
            忍耐強いゆり先生と
            我慢強い仲間たち

            出したい音に飛びつかず
            聞こえてくる音に沿わせようとする・・
            また意味不明な説明

            はまった音の連続がハーモニー
            ”ハマル”と”ハマラナイ”音
            たくさんの意味不明を積み残したまま
            今日も練習が終わった

            今回が目標の10回目
            忘れることに・・したい

            「今日は八幡様のぼんぼり祭りね」
            「チラッと寄り道してみる?」
            仲間たちが声をかけてくれる

            北からの風が背中を押してくれる
            ふぅ〜
            脱力・・出来てるじゃないの

            頑張った私に・・乾杯♪
            いけない!
            頑張らないんだった

            みんなたち
            今日もありがとう♪
           

                        

練習日:30年8月13日

            お盆週間が始まって
            私は夜の練習をお休みすることに

            ずっと前からそう決めていたのに
            何とかすれば行かれるのでは・・とこころが疼く

            お坊様がいらっしゃるのを待ちながら
            それぞれが自由な時を過ごしている中で
            私も自由におしゃべりをしたり食べたり・・飲んだり

            疼く心を抱えたままお坊様をお迎えし
            知っているところだけお坊様と一緒にお経を唱えながら
            毎朝お仏壇に向かって手を合わせていた母を思い出す

            そうせよと私に言うわけでもなく
            お仏壇の供花の水を変えてなどというわけでもなかった母

            「花は野の花」といいながら
            花を手向け、水を取り替えていた

            いつの間にかその言葉と母の姿が重なって
            仏事と対になって私のこころに蘇る

            「思い出されない亡くなったみ霊はもう一度亡くなる」
            スタバトマーテルの練習のときの
            ゆり先生の言葉を思い出す

            思い出の引き出しにぎっしりつまった母の思い出
            思い出の一つ一つが私の宝

            「ご先祖さまを敬う」
            お坊様の言葉に母を思う

            「祈るという行為はどの宗教にも通じるはず」
            再びゆり先生の言葉

            祈りと歌とは密接な関係があること
            ゆり先生の言葉と今日の一日をリンクさせながら

            体は楽器
            体と心の関係
            こころ
            心も体の一部

            「神さまってどこにいらっしゃるの?」
            訊ねた私に
            いたずらをした時にチクチクと痛くなるところと答えた
            若い母の姿

            「声には今までの生き方が出る」
            意味不明の言葉の意味が
            おぼろげながら分かり始めたように思える

            10回目のスタバトマーテルの練習
            残りの日にちを数えるのはやめよう

練習日:30年8月20日
            本番が押してきた為か
            昼の部からの方も増えてのスタート
            いつものお席に座る

            「新人さんは後ろからの声が聞こえるように・・」
            初めて練習に参加したとき
            一番前に座ることになってからというもの
            新人さんでなくなった今も
            一番前のアルトの側が私の定位置になった

            後ろから聞こえる声を頼りに歌った日々
            「アルトの声が聞こえていますか?」
            ご注意を受けてはじめて
            アルトの声の存在に注意を向けた日
                 
            過ぎた日々と繰り返されたご注意
            書いておかないと・・そう思って楽譜を見ると
            すでに書いてある
            「子どもは忘れない」
            こう聞いて苦笑するしかなかった

            「みんなで合わせられるのは当日だけなので・・」
            出演者全員で歌う『Ave verum corpus』

            漆喰の聖堂に降り注ぐ天使の声のように・・
            ホーホー 声を浮かせて 同じ音は同じに
            混ざらない声はいらない

            真っ黒になるほど楽譜に書き込まれたご注意
            「忍耐強いゆり先生」
            再度ペトロ神父さまの言葉

            最後にアルトとソプラノが交じり合って歌うことに・・
            私の両隣にアルトさん
            後ろからもアルトさんの声

            いつもアルトさんの隣に位置する私
            聞いているはずなのに聞いていなかった事に気づく

            「この方がちゃんと聞こえる」
            「この方が歌いやすい」
            私には理由がよく分かった

            お手本とする声を真似をするのではなく沿わせる
            ゆり先生に教えていただいた言葉の意味が
            分かるような気がした

            またもや
            分かると出来るの溝の深さに遭遇

            今日のお月さま
            雲間に見え隠れしていると思っっていたら急に雨

            上気した顔に雨粒が痛い
            雨粒にも・・ありがとう

練習日:30年8月28日
            これからの詳しい予定表が出る
            昼の部と夜の部合同練習について(並びなど)
            演奏会前日のリハーサルのこと(オケあわせ)
            そして当日の諸注意事項と詳しいタイムスケージュール表

            ゆり先生から説明を受けながら
            参加できなかった演奏会のこと
            今までの参加できた演奏会のこと

            そして何よりも
            目標に向かって練習した日々のことを
            感慨深く思い出す。

            マリア様へのお手紙の受付は今回限りとの事
            神さまは何でもご存知なはずなのに
            どうしてお手紙を書くのか・・
            不思議に思った日

            お願い事をたくさん書き綴りながら
            最後になってふぅ〜っと力が抜けたこと

            お願い事がない人は”世界平和を”とおっしゃった
            ゆり先生のこと

            神さまに世界平和を求めても無理じゃないかと
            それが出来るなら
            とっくにしてくださってるはずと考えたあの頃

            複雑な気持ちでペンを取る
            お願い事はただひとつ
            聞いていただきたいことの数々

            私のつぶやきを
            ただ黙って聞いていただきたい

            お手紙に書くには長すぎる私の話
            支離滅裂な四方山話
            それから
            それから・・・

            おかぁさん
            母に話すように
            私のことを何でも知っている母に話すように・・

            ここまで来てやっと
            マリア様の存在の理由が
            おぼろげながら分かったような気がした

            聖母マリア
            マリア様は私にとって母そのものだった
            おかぁさん
            私の行く道をお守りください

            練習の帰り道
            見えないはずのお月さまを探す
            満月を迎えたばかりの今日
            見えるはずのない月がぴかりと
            輝いたような気がした

            おかぁさん
            私はこんなに幸せです

            
練習日:30年9月3日

           発声練習が済み
           練習前のお祈り

           「主の祈り」
           わたしたちの罪をおゆるしください
           わたしたちも人をゆるします

           私はいつもここに来ると心が疼く
           私は人を許せないから・・
           許そうとも思っていないこともある

           絶対に許さないと心に誓っていることや
           許すどころか恨みにまで発展していることの数々

           自分は許しを得ていても人には許しを与えない
           なんと自分勝手な私だろうか

           最後の審判にあたり神さまの前に立つとき
           私は打ちひしがれているのだろうか
           私の立つ姿を想像する

           いや・・きっと堂々と前を向いていると
           そうありたいと思う

           こんな私が祈りの演奏ができるはずもなく
           それでもこうして練習に参加して
           いったいどうなるというのか

           ゆり先生には人を許せない経験がないのか
           お聞きしたい誘惑にかられる

           だからなおさら許しを請うのよ
           だからせめて神さまを間近に感じたときだけでも
           許せない自分をさらけ出して許しを請うのよ

           ゆり先生の言葉が聞こえて来そうな気持ちになる
           私の心のうちなど関係なく練習は進む

           夜の部単独での練習は今回が最後
           今までの練習の成果を期待して
           はじめから通して歌うことに

           緩める!
           首!
           下を向かない!
           口!
           ゆり先生の掛け声を受けて
           脱力を念仏のように叩き込む

           言われたからするうちはダメ
           自分で緩めたくなったら一つクリアー

           言われても緩められない私が
           自発的に緩めたくなる日が来るのだろうか?
           このところ昔よりももっと歌えなくなったように感じる

           頑張れば頑張るほど
           脱力を意識すればするほど
           緊張で固まってゆく私

           弱点を知ってそれを克服する
           それはその通り
           理屈はわかる
           分かっても出来ない事の多さ

           最後のアーメンで練習が終わる
           そうでありますように
           今回最後の練習が終わった

           「人の脳は聞きたくないことは
            聞くことを回避するように出来ている」

           テレビから聞こえて来た言葉
           私の脱力できていない音が聞こえませんようにと
           思わず祈った

           祈り
           こんな祈りの形って・・
           脱力が上手にできますようにと祈ればいいものを・・

           こころせず脱力が出来た瞬間だった
           みんな達
           ありがとう・・感謝しています
           
練習日:30年9月11日
         
           昼の部と夜の部の合同練習日
           はじめに立ち位置を決める

           10回目ともなると
           勝手知ったるお仲間が周りをサポートしながら
           手際よく列を作り欠席者の分を確保してゆく

           一通り練習をして休憩
           休憩の間に列の確認や打ち合わせをするお役立ちさん
           お茶を飲みながら雑談をする私

           「はじめの頃に比べて今回はずっとお元気そうね」
            顔だけの知り合いさんが声をかけてくれる

           今まで話したこともなかったので
           心配していてくださった事がわかり嬉しかった

           お手伝い係さんが
           マリア様へのお手紙を集めてくださる方を募っていらした

           どなたも手を挙げない
           私・・私がしたいな
           思っただけで言い出しそびれた

           なぜ手を挙げなかったのだろう?
           沈黙と書かれたお御堂でお手紙を集めるために
           片手にプラカード、もう片手に手紙を入れる袋を持ち
           椅子の間を歩いていらした方を見て
           ずぅっと前から
           お手伝いをするならあの係りを・・と思っていたのに

           どなたに決まったのか
           きまらなかったのか・・・
           こころ残りの出来事となった

           休憩が終わって練習再開
           先輩の声が聞こえる
           脱力しても姿勢は崩れない

           脱力していますというような形には
           なりたくないと思っていた私
           先輩の姿を盗み見る

           脱力も思うようにできないのに
           姿形にこだわる私が・・情けなかった

           練習は終わった
           後はオケあわせとゲネプロを残すのみ

           歌詞を・・歌詞の意味を
           背景を・・歌われている情景を
           思いながら歌う

           祈りの演奏から
           祈る気持ちをなくしたら・・

           「今までの事をどれだけ思い出せるかですね」
           ゆり先生の声が聞こえる

           楽譜の整理をしよう
           歌詞の意味を確認しよう

           ちぎれちぎれに浮かぶ事ごとに
           ふぅ〜と抜けまる力

           外は北風
           上気した顔に心地よい風

           深まり行く秋の気配が
           いっそう身近に感じられました

       
練習日:30年9月16日

           昨日のオケあわせ
           そして今日のリハーサルとつづいて本番
           待ったなしの時間が過ぎてゆく

           リハーサルが済んでレベックホールに行くと
           プログラムにチラシを挟む作業中のお仲間

           本番が終わったら必要になるテーブルのセッティング
           私達が出番を待つ間を過ごすスペース

           人の目を気にせずに着替えができるように
           着替えをする場所には仕切付きのコーナーが出来ている

           「貴重品はこちらへどうぞ」
            貴重品預かり係さんの声

           「今のうちにトイレを済ませてください」
           お客さまとかち合わない時間を見計らって
           役員さんが声をかけてくれる

           会場ではお客様係りのみなさんが手分けして
           いらしてくださった方々をご案内

           オケあわせの時に寒かった冷房の風
           上手に調節されている

           私の側にはさりげなく椅子が置かれ
           私の気持ちは認めながら
           それでも安心の為に・・のお心遣いが
           とても嬉しかった

           たくさんの方々のお力添えを受けて
           私のスタバトマーテルは終わりました

           目標の10回
           目標の10年
           目標は達成しても
           私の終わりのない目標は・・
           やりどころのない気持ちを抱えたまま終わった

           打ち上げの乾杯
           ほっとした後のおしゃべり
           解散になって辿る道

           海から吹いてくる風の心地よさ
           終わったという開放感と虚脱感

           本当に終わってしまった私のスタバトマーテル
           ありがとう・・みんな達
           お世話になりました・・みなさま

           感謝・・そして・・いのり